読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

naukoのゲームソウル【魂】ブログ

naukoのゲーム日記ブログです!(攻略ブログではありません) 積極的に更新をしていこうと思います!よろしくお願いします!!

オーディンスフィア レイヴスラシル

【オーディンスフィアLD】オズワルドの章③「孤独と不信」

どうも~!アリスnaukoです。 呪われた魔剣を持つオズワルド。そしてワルキューレ部隊を率いる魔王の娘グウェンドリンを目撃する。まるで自分と同じ境遇の美しい女性に惹かれてしまう。オズワルドは妖精王国の剣士。再会を果たしたとしても刃を交えるだけの…

【オーディンスフィアLD】オズワルドの章②「青い羽」

どうも~!アリスnaukoです。 最強であるが代償を伴う魔剣を持つ『オズワルド』。未来が見える竜『ハインデル』をメルヴィンの命で殺してしまう。ハインデルはオズワルドに「鳥を探し出せ」と最期に告げる。しかし、オズワルドにとって導いてくれる者は鳥で…

【オーディンスフィアLD】オズワルドの章①「竜殺しの魔剣」

どうも~!アリスnaukoです。 前回メルセデスの章が終わり、今回は漆黒の剣士『オズワルド』の章が始まります。 他の章でもちょいちょい出番があったオズワルドにはどんな物語が繰り広げられているのでしょうか? 赤く輝く魔剣を竜に向ける。 竜は何も抵抗を…

【オーディンスフィアLD】メルセデスの章~終章~「女王メルセデスの戦い」

どうも~!アリスnaukoです。 オーダインが持つ巨大サイファー『バロール』に打ち勝つためブロムと協力し弩のサイファー『リブラム』を完成させます。オーダインと戦う準備を始めるメルセデス。果たして妖精たちは強力な魔王の軍勢を倒すことが出来るのでし…

【オーディンスフィアLD】メルセデスの章⑦「サイファーを破る為のサイファー」

どうも~!アリスnaukoです。 死の国からブロムを救出したメルセデス。オーダインの持つ巨大サイファー『バロール』に打ち勝つ武器を作れるのでしょうか?オーダインとの決戦が近づいている為、王国内は緊張が続いています。しかし、メルセデスは女王として…

【オーディンスフィアLD】メルセデスの章⑥「仇を討つために」

どうも~!アリスnaukoです。 死の国にいるブロムを助けるためベルドーの協力が必要になったメルセデスはタイタニア王国へ向かいます。ですが、タイタニア王国でベルドーの襲撃を受けてしまいます。蛙(イングヴェイ)が捨て身の攻撃でベルドーをプーカの呪…

【オーディンスフィアLD】メルセデスの章⑤「独り立ちの時」

どうも〜!アリスnaukoです。 魔王オーダインを倒すにはバロールに対抗できる強力な力が必要になります。その為には死の国にいるドワーフ『ブロム』の協力が必要になります。しかし、自由に行き来ができない死の国。そこへ立ち入る事が出来るのは、一度メル…

【オーディンスフィアLD】メルセデスの章④「女王の決意」

どうも〜!アリスnaukoです。 メルヴィンを倒し、無事に女王として王国へ戻ることができたメルセデス。 これから女王として王国を建て直し、母の仇をとれるのでしょうか? 妙に優しい爺。 無駄な殺生をしないように皆を許してあげるようです。 蛙に迷惑して…

【オーディンスフィアLD】メルセデスの章③「女王の心得」

どうも〜!アリスnaukoです。 メルヴィンが王の座を奪おうとしている。メルヴィンを倒すべく、亡き母に仕えていた魔法使いベルドーに協力を得ようとしたが既にメルヴィンの魔の手が掛かりドラゴンに襲われるてしまう。そして、その間メルヴィンは遂に宮殿を…

【オーディンスフィアLD】メルセデスの章②「不思議な蛙」

どうも〜!アリスnaukoです。 妖精の女王エルファリアが魔王オーダインに倒され、幼き娘メルセデスの前で最期を迎えた。 何も知らないメルセデスが女王になった今、リングフォールド全体が不安に包まれる。 女王として様々な問題を対処しなければいけない。 …

【オーディンスフィアLD】メルセデスの章① 「何も知らない女王」

どうも〜!アリスnaukoです。 グウェンドリン、コルネリウス章でも出てきた、おてんば少女のメルセデスの章が始まります。 妖精の国リングフォールド。 一人の少女が石弓を手に持ち隠れるように飛んでいます。そして少女を追いかけるリリパットの姿がありま…

【オーディンスフィアLD】コルネリウスの章 〜終章〜「最凶の呪い、それは《後悔》」

どうも〜!アリスnaukoです。バレンタイン王の孤独で冷たい後悔を晴らす為の野望を砕き、無事にコインを取り戻したコルネリウス。しかし、タイタニア王国で竜が暴れ王様が生贄を差し出しているという噂を聞き半信半疑になりながら急いで王国に向かうコルネリ…

【オーディンスフィアLD】コルネリウスの章⑥「血塗られた真実」

どうも〜!アリスnaukoです。 ベルベットの窮地を救ってから月日が経ち集めたコインも沢山増えました。 途方もないコイン集めに少し不安になるコルネリウス。 他のプーカ達も集めてます。少しずつですが呪いの解除に近づいています。 久しぶりの登場ミリス。…

【オーディンスフィアLD】コルネリウスの章⑤「真実を言えない呪い」

明けましておめでとうございます!アリスnaukoです。 今年もよろしくお願いします。 ワーグナーに連れられて隠れプーカの町付近に下ろしてもらい荒野を彷徨うコルネリウス。そこに一人のプーカを見つけて呼び止めます。そのプーカーは『メリル』と言う女性プ…

【オーディンスフィアLD】コルネリウスの章④「望みをかけて・・・」

どうも〜!アリスnaukoです。 前回はベルベットの兄に出会い、プーカの呪いを掛けたのは自分だと宣言されたコルネリウス。しかし、愛する人の兄として下手に手は出せない。コルネリウスはタイタニアの城下町に戻り、一人で途方に暮れていました・・・。 誰も…

【オーディンスフィアLD】コルネリウスの章③「兄の呪いに縛られる二人」

どうも〜!アリスnaukoです。 ようやくタイタニアに戻ったコルネリウス。タイタニアの城下町は寂しい雰囲気が漂います。貧困、犯罪等治安はあまり良く無さそうです。 城下町が寂しくなってしまったのはどうやら王様に異変が起きたのが原因です。コルネリウス…

【オーディンスフィアLD】コルネリウスの章②「王子としての意地」

どうも〜!アリスnaukoです。 死の国から脱出をしてオーダインが統治するラグナレイブルに辿り着く。 しかし、あまり歓迎をされてないようです。武器を取られ軟禁されてしまう。 グウェンドリンの姉グリゼルダが健在です。どうやらグウェンドリンの物語が始…

【オーディンスフィアLD】コルネリウスの章①「呪われた王子様」

どうも〜!アリスnaukoです。 早速『呪われ王子の冒険』を見てみましょう。 因みにグウェンドリンの話と時間軸が交差している場面も有ります。 タイタニアの王国の城内にて王様が王子に対して注意をしています。 これまた何か問題がありそうな王国です。 し…

【オーディンスフィアLD】グウェンドリンの章 〜終章〜「死の国に輝く青い鳥」

どうも〜!アリスnaukoです。 死神に連れ去られたオズワルド。 こうなったのは自分のせいでもあります。このまま黙っている事はできません。 オーダインは特殊な武器を手に入れる為、死の国に出入りをしている。 父に聞けば死の国の行き方を教えてくれます。…

【オーディンスフィアLD】グウェンドリンの章⑦「失うことの恐怖」

どうも〜!アリスnaukoです。 前回、オニキスの元からオズワルドを救い出したグウェンドリン。 心配で付き添うグウェンドリンも不安そうです。 死の女王による影響があるそうですが・・・するとグウェンドリンの背後から声が聞こえる。 オズワルドの異様な強…

【オーディンスフィアLD】グウェンドリンの章⑥「愛を守るために槍を握る青い鳥」

どうも〜!アリスnaukoです。 父、オーダインの手から離れたグウェンドリン。真実の愛がある場所に戻ったがまだオズワルドの姿は無かった。 今まで戦いばかりに明け暮れていたグウェンドリンであったが、柄にも無くオズワルドの心配をし不安がる姿を見せる。…

【オーディンスフィアLD】グウェンドリンの章⑤「偽りと誠の狭間を飛ぶ青い鳥」

どうも〜!アリスnaukoです。 父、オーダインの呪いを受けて眠り続けていたグウェンドリン。 目覚めたら戦士としてではなく妻として一生を過ごさなければならない。 戦場を駆けるワルキューレとして最悪な結末です。 そしてグウェンドリンは目覚めるのであっ…

【オーディンスフィアLD】グウェンドリンの章④「聞きたかった言葉」

どうも〜!アリスnaukoです。 魔女ベルベットがブリガンに連れられワーグナーの生贄にされそうになっている。城内もその話題で持ち切りのようです。 オーダインの力を持っても倒せないワーグナー。しかし結晶炉を動かすにはワーグナーに指輪を貰わない限り方…

【オーディンスフィアLD】グウェンドリンの章③「偽りと真実の愛」

どうも〜!アリスnaukoです。 『結晶炉コルドロン』を手に入れたが光を失ってしまい意味がない。再び光を取り戻す事はできるのでしょうか? あの寒そうな格好をした女の仕業?だとしたら逃さず捕まえていれば父に認められていたのでは? ブリガンは王である…

【オーディンスフィアLD】グウェンドリンの章②「父が求めるもの」

どうも〜!アリスnaukoです。 姉が死んでも悲しむ暇は無い。すぐさま戦場に向かい戦果を上げて王である父に認めてもらう為、奮闘するグウェンドリン。 ここからバトルが多くなります。グウェンドリンの特性は二段ジャンプと空中に少しだけ浮遊ができる事。そ…

【オーディンスフィアLD】グウェンドリンの章①「戦の青い鳥」

むかしむかし、あるところにアリスという女の子がいました。ある日、アリスは屋根裏部屋にある書庫で1冊の古い本を見つけたのでした。その本の名前は「ワルキューレ」。アリスは椅子に座ってその本を読むことにしました。それは、とてもとても不思議な物語で…