nauko(なうこ)のゲームソウル【魂】ブログ

nauko(なうこ)のゲーム日記ブログです!(攻略ブログではありません) 積極的に更新をしていこうと思います!よろしくお願いします!!

【ロマサガ】ライーザ冒険記その4『エイルネップ 沈んだ塔』

どうも〜!ゲス野郎皇帝naukoです。

※一応言っておきますが、「ロマサガ1」のキャラは一切本編には出てきません。このブログの「ロマサガ1」ネタは全てフィクションですw

「ライーザ皇帝」は「ガラハド」にもらった「ドロップリング」の信憑性が全く無いのでエイルネップで守護者の「オートクレール」マラソンを行なっておりました。


オートクレール入手後、「ライーザ皇帝」は考古学魂に火が着く。奥へ進むともう一つ「沈んだ塔」を発見する。当たり前のように「ライーザ皇帝」は目を輝かせ沈んだ塔へと向かう。

沈んだ塔の奥には龍が一匹佇む。この龍は他のモンスターと違い皇帝達を襲うことをしない。まるで違う者から守るように誰かに命じられているようだ。

「ライーザ皇帝」は龍に話しかけると。


昔話をする龍。一体何故、皇帝の私にその話をしだすのか・・・。


異空間?別世界につながっている塔という事を教えてくれます。そして七英雄がここでも出てくる。他の者達・・・まさか「ガラハド」もここの影響から来たのか・・・。「ブレフロ」の「ゲートの狭間」もここから行けるのかしら・・・。何か違う事を期待し始めた「ライーザ皇帝」。例えコラボしても「ライーザ」は無いなw


「ライーザ」は皇帝として聞く。確かに皇帝業務から逃げるために考古学に没頭していたライーザ。しかし、「皇帝」と言う宿命からは逃げられない。この龍や古代人は皇帝と七英雄の関係をまるで知っているように話を聞かせてくる。「ライーザ」は戦う覚悟ができたのはこの頃かもしれません。

 

まだ「追憶の迷宮」は全てクリアしていません。しかし、「記憶の竜」達が語る言葉、七英雄に敵対する古代人達。そしてこの塔は古代人が作り上げた塔。まだ確証はありません。しかし、七英雄達の目的、謎が明らかになってきた。うまく作動しなかったから戻ってきたのでしょうか?七英雄は強力な力を手に入れ吸収し平和になった世界で暴走した哀れな存在。しかし、後にこの龍を殺し、この塔を調べている「ロックブーケ七英雄の狙いとは・・・?

次回こそ「赤の珠」を調べていきます。