nauko(なうこ)のゲームソウル【魂】ブログ

nauko(なうこ)のゲーム日記ブログです!(攻略ブログではありません) 積極的に更新をしていこうと思います!よろしくお願いします!!

【サイコブレイク】閉店!?ちょこっとブレイク。naukoカフェ⑯

どうも〜!セバスチャンnaukoです。

弟を探し、兄を止める決意をしたセバスチャン。しかし突然視界がおかしくなる。

キッド・・・?

えっ!?自分?すると自分に銃口を付けつける。

引き金を引いて銃声が鳴ると目が覚める。

ベッドから起き上がるとすぐ側にレスリーが・・・

しかし、まるでセバスチャンを誘うように奥へと消えていく。

ここはバカッター更生施設で有名な施設です。

兄貴はここでドクターから薬をもらっていた。レスリーを追うと・・・

するとルヴィク兄貴が突然現れる。「何でお前の方が『イイネ』が多いんだ!!」ルヴィクはセバスチャンに襲い掛かります。なんの事だ?俺は何も投稿してないはず・・・。もがくセバスチャンは手持ちのランタンをルヴィクにぶつける。

燃え上がるルヴィクは「炎上だ!やった炎上した!!」と何か喜んでいる。

兄貴はもう狂ってしまったのかもしれない。

すると兄貴は特殊能力を使いセバスチャンを謎の場所に飛ばしてしまう。

ここでは大勢のバカッター達がセバスチャンに向かって写メを撮りまくってきます。

倒れたバカッターをうまい具合でマッチで燃やして周りを巻き込むと非常に手間が省けます。

バカッターを一掃するとRPGを持ったバカッターが現れます。

このRPGバカッターの近くまで行くと逃げ出してどこかで聞いたエンジン音がする。

「アイスソォォォォォドォォォォォォ!グレイィィィィィィ・・・!何でミリアムは連れているのに俺だけぇぇぇ・・・!?」

後ろ振り返りとっさにフラッシュボルト放つと自称元聖戦士はフラフラ状態になります。焦ったセバスチャンはマグナムを手に自称聖戦士に4発放ちます。自称聖戦士は膝から崩れ落ちてこう言う。

「パーティーは6人までです・・・。ふふっ・・・殺される理由なんてそんもんだよ。でも俺は・・・それで有名になれたんだ・・・ありがとう、グレイ・・・」

取り敢えず俺はグレイって奴じゃないし、感謝の根本が間違ってる気がするぞ・・・。

上手く画像が撮れなくて申し訳ない。ここでは親父と親父の弟が二人がかりで襲ってきます。

俺はここで苦戦をするかなっと思っていました。しかし・・・

エリア中央の開け閉め出来るこのレバーで簡単に倒せます。閉めて鉄格子の間から発砲。離れたら開けて近づいてきたら閉めるを繰り返してたら親父達は悶絶してました。

奥へ向かうセバスチャンに親父はこう言う。「ルヴィクはバカッター永久拡散装置を作り・・・私たちを永遠の標的にするはずだった・・・。しかし逆にお前の存在が・・・」と親父は気を失う。

奥に進むと次々とバカッターの仕掛けや罠がセバスチャンに襲い掛かります。

しかしセバスチャンはことごとく罠を回避していきます。

「俺は兄貴を止めてみせる」そう思い突き進みます。

最後の難関です。ここで何回も死んだ夢を見ました。慎重すぎるより勢いも大切だとここで思い知らされます。そしてこの難関もくぐり抜けると・・・

バッカター永久拡散装置につながれているキッド、ジョセフ、ドクター、レスリーそしてセバスチャン。

要するに全世界の最高の「イイネ数」を獲得するとルヴィクはこの世界で最強のツイッターになれる。その為にならなんだってする。しかし、セバスチャンはこれまでルヴィク達の罠等を回避し先に進んでいった。次第にバカッター行動よりもバカッターの妨害を回避、倒していくセバスチャンに世間は注目しだしたのだ。当然ルヴィクはセバスチャンを許すわけに行かない。

ルヴィクの『イイネ』は2億、しかしセバスチャンの『イイネ』3億。

そしてレスリーの『イイネ』は1億5千万。

ルヴィクはレスリーの『イイネ』を吸収した。

膨大なバカッター『イイネ』がルヴィクの力となり最強のバカッターへと変貌を遂げてしまった。

セバスチャンは最強の力を得たルヴィクに立ち向かう。すると世間は更にセバスチャンに『イイネ』を押し始めた。この空間では『イイネ』を制した者が有利に働く。しかし、バカッター達もただ指を咥えて見てるだけではないルヴィクにも更なる『イイネ』が増えていきます。

腹に鉄パイプが突き刺さるセバスチャン。しかしまだ世間はセバスチャンを見捨てなかった・・・。RPGを持っバカッターが降ってきます。セバスチャンはRPGを手にしてルヴィクに抵抗します。

ルヴィクの『イイネ』は7億9千万、セバスチャンの『イイネ』が8億。

しかし、セバスチャンはもう動けそうもない。ルヴィクは最後の悪あがきでセバスチャンを吸収しようと大きな口を開けます。そこにはルヴィクの本体が・・・セバスチャンは最後の力を振り絞りハンドガンの引き金を引く。

目が覚める浴槽に入れられたセバスチャン。

装置中央にある脳みそに向かう。

「いい加減にしろ兄貴・・・イイネが欲しかったら、世間に認められるようなイイネを貰いやがれ!!」

セバスチャンは脳が入った水槽を叩き割り脳みそを踏み潰した。

すると視界が真っ暗になる。

 

※ここからは普通にストーリーに戻させて頂きます。

キッドは何かを知っていて更に探るためにセバスチャン達に近づいた。キッドのDLCで明らかになるのかな?

本当の現実世界で目が覚めるセバスチャン。

レスリー?なんでレスリーだけ袋に詰められてるのでしょうか?

どうやらまだ事件が発生したすぐのようです。てことはあの物語は一瞬の出来事だったのでしょうか?

レスリーが・・・周りは見えてないのか?そしてすぐに消えてしまう。

こうしてセバスチャンは無事に戻ったようです。しかしながら謎が沢山残ったままの終わり方。物語の続きが気になります!そして灯台の光はこの精神病院の光だったんですね。

 

という訳でようやく全クリです!


死亡回数は89回でした。3桁いかなくて良かったですw

凄い面白かったです。今はお求めやすい金額で販売されていますが、3倍位の金額でも普通に得した気分になれる良作でした。続編出たら絶対に買いますw

本編の話はあまり触れませんでしたが、セバスチャンの過去も結構悲惨なもので続きがありそうだし、ジョセフはどうなってしまたのでしょうか?気になる終わり方でしたが、次の舞台はもう決まってます・・・

 

 

セバスチャンにある電話が入ります。

「もしもし、セバスチャン?ツイッター見たよ。大変そうだったね?」

古い友人のマーフィーからの電話だ

「久しぶりマーフィー。そう言えば引っ越したんだろ?」

マーフィーは溜め息を付きながら

「あぁ、俺芸人諦めて真面目に就職しようと思ってさ・・・」

セバスチャンはマーフィーの相方の存在を知っていたので

「相方は?」

マーフィーは少し間を空けて

「・・・サウナでネタ合わせ中に意見合わなくてボコボコにしちゃった」

セバスチャンは苦笑しながら再度質問する。

「それで?何処に引っ越すの?」

マーフィーは希望に溢れた声で

サイレントヒル!まずは就活頑張るよ!」

 

次回「サイレントヒルダウンプア マーフィーの就活日記」(題名確定)をお楽しみ下さい!

長々と失礼いたしました!セバスチャンnaukoでした!!