読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

naukoのゲームソウル【魂】ブログ

naukoのゲーム日記ブログです!(攻略ブログではありません) 積極的に更新をしていこうと思います!よろしくお願いします!!

【サイレントヒル ダウンプア】マーフィーの就活日誌inサイレントヒル②

どうも〜!ダッシュボタンを間違えてよく武器をぶん投げるマーフィーnaukoです。

就活には身だしなみが大事です。

取り敢えず面接に備えて誰の服か分かりませんが頂きましょう。

ここに来ると再度ハローワーク面接女教官が背後から襲ってきます。

「面接はね!どんな質問にも対応できる臨機応変な頭が重要なんだよ!背後から襲われた時あんたはどうする?諦めて不合格という『死』を選ぶかい?」

取り敢えず振り下ろして鍬で撃退しましょう。

「あんた!中々やるじゃない!!今度は鉱山作業員の仕事紹介してやるよ。それまで死ぬんじゃないよ!!」

と女教官は血まみれでどこかに消えていきます。

ここまでの感想ですが、サイレントヒルの戦闘撮影が難しい!今後動画編集で画像を貼れる環境にしようと思ってます。それまで何とか頑張りますが、拾い画像も多くなると思いますがご了承下さい。

面接先の回数券を手に入れます。このミニゲームをクリアをしないと面接ができません。本当就活は一筋縄にいきませんね。チケットを手に入れて面接会場に急ぎますが・・・

この隙間を見つけるのに15分位さまよいました。

こんなに進路を見つけるの難しいゲームでしたっけw

さぁ、面接です。名前を呼ばれてドアを開けるマーフィー。

するとそこは1対1ではなく面接官が複数います。

意表をつかれますがここは落ち着いて対応しようとするマーフィー。

面接官は志望動機、自己PR質問が進み淡々と答えます。

すると面接官が「今1億円当たったらどうしますか?」という質問が投げ飛ばされた。

マーフィーは息を呑んだ。頭の中に『大喜利・・・面白いこと・・・周りを楽しませないと・・・オイシイ回答をしないと・・・』10年間染み付いていたマーフィーの脳が笑いを求め始めた。

 

「か○う姉妹と寝る」

 

凍りつく面接会場、我に返るマーフィー。

しかし時は遅すぎた。この後直ぐに面接が終了する。

「今後の結果はおって、お知らせします。」

マーフィーは面接会場から出てグッタリするが、直後ハロワークから電話が掛かってくる。

「もしもし、マーフィー?さっき鍬でぶん殴られた女だけど、鉱山に話通しといたから今から面接に向かって。もちろん拒否とかないから」と一方的に切られます。

仕方なくマーフィーは鉱山に向かいます。

そこには高校の同級生だったセイターがいた。

要するにセイターは高校の時からバンド活動をしていた。

高校の時の彼は「俺たちが世界のバンドを引っ張っていく存在になるんだ」という事をよく皆に伝えていた。

しかし、バンドは全く日の目を当たることなく解散し、ここで働きだした。

 

セイターは言う「マーフィー・・・お前等はお笑いの道どうしたんだ?」

高校の文化祭でマーフィーとパトリックはお笑いの出し物をした。

その時、学校中の皆が笑ってくれた。セイターも「お前ら素質あるよ!」と応援してくれていた。

 

マーフィーは俯き「・・・もう、止めてくれ」とセイターの側を去った。

ここでまたもや就活犠牲者が・・・!!

女面接官に襲われ引きずられてます。

マーフィーは助けに向かうとドアからもう一人の面接官が出てくる。

「あんた、今1対1だと思ったろ!?その油断が命取りなんだよ!コイツみたいに死にたくなかったら常に変わる面接場面を意識するんだな!!」

と襲い掛かりますが、ここは面接が待ってるのでさっさと逃げましょう。

ここは引掛け問題です。

橋が崩れてしがみつくマーフィーに『L2長押し』と指示が出ますが連打です。

落ちた悪夢を2回程見ました。就活面接もこのように臨機応変の対応を心がけましょう。

遂に鉱山に到着です。

水を使う仕掛けを謎を解いて面接会場に向かいます。

エレベーターに乗るとアナウンスが流れます。

「マーフィーnaukoの先ほど行われた面接結果出ました。結果はこの通りです」

エレベーターが落下します。不合格って事ですね。

落ち込んでる暇はありません。鉱山作業員の面接会場は目の前です。