nauko(なうこ)のゲームソウル【魂】ブログ

nauko(なうこ)のゲーム日記ブログです!(攻略ブログではありません) 積極的に更新をしていこうと思います!よろしくお願いします!!

【サイレントヒル ダウンプア】マーフィーの就活日誌inサイレントヒル⑧

どうも〜!マーフィーnaukoです。

只今、孤児院を行っている教会に就職面接に来ております。

広すぎる教会、そしてお笑いの時に使った小道具が何故か襲い掛かってきます。

そのおかげでマーフィーは教会内に迷ってしまいましたが、元相方ネイピアの息子に出会い面接会場の場所に繋がる通路を通してもらおうとすると「アマチュア時代のコントをしろ」と言われ困惑する。そして更に衝撃的な話を聞く。ベビーヒップに渡したマーフィーのネタ帳があると聞かされ探索する。そしてその一冊が見つかり事実を確証するマーフィー。果たしてマーフィーは面接の時間に間に合うのだろうか?

教会を探索すると何故かハローワーク面接女教官が現れる。

「どこからかニートの臭いがするわ・・・。早く見つけて私が沢山教えてあげるわ!一生ニートでいられなくしてやるんだから」

どうやらこの教会は孤児院だけでなく職業訓練校も合わさってるようだ。

しかし、マーフィーは相手している暇はありません。

 

女教官達から逃げる為に込み部屋に入るマーフィー。

所業訓練校の犠牲者と思われる右手と拳銃(資格)が落ちています。

襲い掛かる面接教官達を拳銃(資格)で倒して行きましょう。

ここは職業訓練校で「裏方」の仕方を訓練する場所です。

マーフィーは台本を持っているので、その通りに舞台設備を動かします。

すると舞台演出が現実の様に雷雨や建物、セットが浮かび上がる。

これがきっとVRってやつです。11月に「PS4Pro」が発売されるので実際にこの臨場感と雰囲気を味わいたいなら「PS4Pro」がオススメです。

セットだった建物の中に入ると妙な宝箱が有ります。

どうやらパズルを解くと開く仕組みです。レベルがノーマルだと絵合わせパズルなので意外に簡単です。きっとこの宝箱の中身は凄く貴重な物が入ってるのでは?期待しながら宝箱を開けるマーフィー。

「・・・黒板消し・・・」

そうです宝箱の中身は黒板消しです。きっと、この宝箱に入れてあるくらいです。

教室のドアに挟むと絶対に引っかかる伝説の黒板消しかもしれません。

マーフィーが黒板消しを捨てようとするので、なんとか引き止めて奥へ向かわせます。

調度、黒板が有るので落書きを消してみると・・・

黒板が開き、更に黒板が出てきます。更にその落書き黒板が開き・・・

これもVR!?

マーフィーはProに対する物欲が出てきます。

そして、ここで2冊目の「2冊目のネタ帳 お笑いバー時代」が手に入ります。

面接官女「アタシ手頃な薄型にしようと思ってるけど、どう思う?」

マーフィー「VRの鮮明さ、データ容量や沢山やれる事も増えるProかなって思ってますよ」

面接官女「そうよね・・・でも結局、VRもやれるし、やれないゲームは無いんでしょ?」

マーフィー「そうですね、ですが4K対応のゲームをやると映像が凄いですよ」

 

俺は間違いなくProを狙っていますw

ついつい世間話をしてしまったマーフィー。面接会場に急がなくては!

次の職業訓練校は医療介護です。

ここもクリアしないと先に進めません。

サッサと患者さんをCTに突っ込みましょう。

異物を詰まらせてる患者さんを発見します。

マーフィーは『サイコブレイクのセバスチャン』の活躍を全部見ていました。

こういう患者さんをどう対処すれば良いのかマーフィーは分かっています。

裂いた傷口に手を入れる。

セバスチャンは少し躊躇ありましたが、マーフィーは一度見ているので強引に突っ込みます。

いつもよりグッタリしている面接教官の表情とあんなに中をほじくり返しても決して汚れる事がないマーフィーの手はさて置き「3冊目のネタ帳 学生時代」を手に入れます。全てのネタ帳を手に入れたマーフィーはネイピアの息子の元へ向かう。

本当にコイツ大ッ嫌い!

忘れた頃に出てきてボコボコにされます。

naukoがカリカリしながらもようやく目的地に辿り着く。

ネイピアの息子は寝ている?

全く反応をしない・・・そこに・・・

マーフィーは驚愕しながら「その姿・・・鉄板コントの衣装・・・!?」

マーフィーは叫ぶ「ブラック企業に対抗するために就活生達が生み出した『ブラック就活生』のコント・・・その衣装は特注だった・・・」

「どうしてお前がここに・・・この街にいるんだ!俺らはもう他人だ!元々お前が先に解散を口にしたんだろ?」マーフィーは開かないドアの前で項垂れる。

マーフィーは「一体何が目的だ?お前、俺を笑っているんだろ?お前はそこそこ繁盛してる工場の社長の息子だもんな。俺は必死に就活だ!笑いに来たんだろ・・・」と呟くとブラック就活生は立ち去り姿を消す。その後、扉が開錠される。

ネイピアの全裸徘徊癖による事情聴取が行われた時を思い出すマーフィー。

そこにネイピアの息子がいた。ネイピアの息子がマーフィーに救いを求める目で見つめてきた。マーフィーはその目をそらした。

しかし、よく見るとこれはネイピアの息子を模造したロボットであった。

この後の面接に響くかもしれません。

早く少女を追いかけて口封じをしましょう。

教会の雰囲気がガラリと変わりいきなり面接会場の道がサバイバルになります。

面接前の適性検査でしょうか?

奥に進むとブラック就活生が現れる。

「志望動機は風水です!」と言いながら巨大なハンマーを振り下ろす。

所々亀裂が入ってるボロボロの教会です。ハンマーの衝撃がマーフィーを襲う。

何度もブラック就活生が「志望動機は風水です!」と振り下ろす。

マーフィーは攻撃を避けなけながら「君、風水ってやる気はあるの?」と間を詰めて返す。するとブラック就活生が「風水はやる気が有ります」と返しながらハンマーを振り下ろしその衝撃をかわしながらコントが進んでいく「風水って、ここはテレアポの事業だよ風水と何も関係ない業務だよ」「風水に関係無いって本気で言ってるんですか?あなたの生活すべてが風水なんですよ?」「はぁ?もうい良いや、うちは残業代出ないけど良い?」「分かりました。出入り口の方角を教えてください」「方角!?北側だよ!」「あぁ、北側なら定時に帰らないといけません残念です」「さっきから、なんだね君は?もう帰って良いよ」「今、まだ15時ですか・・・。風水では18時に帰らないと内定もらえないって結果が出たのでまだ面接続けてください」「君さ、それで受かると思ってるの?」「18時になれば受かります」「なんだよ!お前、もういいから帰れよ」というと脇道に穴が開く。マーフィーは空かさず穴に入りコントから抜け出す。

 

ここの仕掛けが分からず彷徨うこと1時間ようやくヒントを見つける。

劇場のような所でシャンデリアを下ろしてロウソクを立てるとヒントが出ます。1時間以上、さっぱり分かりませんでした。

その奥へと進むと・・・

 

面接教官男「お前・・・やるじゃねぇか。次はとっておきの企業を紹介してやるから楽しみにしてな・・・。」と撃退した面接教官が告げる。そんな事よりも少女の口封じです。早く見つけないと!

ようやく少女に近づいた。しかし、その少女の隣は車椅子に乗った人物と共にいる。

その後、やっぱりマーフィーは床が崩れて、落ちてしまう。

 

そして、マーフィーが目を覚ますと・・・

 

サイレントヒル ダウンプア本来の主要キャラ、クリーチャー〜

DJ ボビー・リックス(naukoブログ内:ラジオ局面接官)

サイレントヒルにある海賊ラジオ局のディスクジョッキーをしている黒人男性。本名は「ロバート」で、ボビーは愛称。マーフィーへ捧げた曲を絶えず流している。
マーフィー、アンと会話中にスクリーマーの集団に襲われ、行方不明となる。

 

 

クリーチャー:ドール(naukoブログ内:主に未亡人ロボ英美ちゃん)

大きく裂けた口をした女性型クリーチャー。本体と攻撃体が別にある。本体が攻撃を仕掛けてくることはなく、マネキンの様に動かないが、透明で見えない攻撃体が笑い声をあげて襲ってくる。

 

クリーチャー:ウォールコープス(naukoブログ内:主に社畜平社員)

両手足がない人型クリーチャー。壁や円盤に磔にされており、腹から血を吹き出す。血に当たるとけっして少なくないダメージをうける。

 

wiki引用)