nauko(なうこ)のゲームソウル【魂】ブログ

nauko(なうこ)のゲーム日記ブログです!(攻略ブログではありません) 積極的に更新をしていこうと思います!よろしくお願いします!!

【サイレントヒル ダウンプア】マーフィーの就活日誌inサイレントヒル⑨

どうも〜!マーフィーnaukoです。

面接の支障になりそうなので少女を口封じするために追いかけていたマーフィー。

しかし、床が崩れて落ちてしまう。

気がつくとそこにシスターがいる。

「まだ、コントの途中でしたね。子供達がお待ちですよ」シスターはにっこりと笑う。

マーフィーは「コント?私は就職面接に来たんです。コントをしに来た訳じゃない!」と声を荒げる。

シスターは驚いた表情で「そんな・・・ボランティアでコントをすると聞いておりましたよ」

マーフィーは我慢の限界が切れたようにシスターに当たる「何で皆は俺を放っといてくれないんだ!もう終わったんだ、コントもお笑いもスラムガイも!俺はコントなんてしない只の職探し中の男だ!!」

シスターはマーフィーの言葉を優しく包み込むように返す「・・・貴方は終わらせたのかも知れません。ただ貴方達を応援してくれた関係者やファンは終わったのでしょうか?」

マーフィーはシスターの顔に背を向き「ここまで・・・ここまで逃げてきたのに、ファン?関係者?俺達をバッシングする奴らバッカリだったじゃないか!白い目で見ていた奴らばっかりだったじゃないか」

シスターは「違います、あの時の貴方達は貴方達では無かったのです。貴方達の本当の姿を知っている人達は皆知っています。そして貴方自身も・・・」

過去を振り返るように語るマーフィー「・・・知った風に言うなよ。俺は守りたかったんだ、相方やスラムガイを・・・。だから俺自身の笑いのプライドを捨てた。だけど結局どれも守れなかった」その言葉を聞きシスターはマーフィーを真剣に見つめる

「・・・もう一度言います。ファンや関係者は忘れていません。貴方は覚えていないと思いますがあの時、別の孤児院で披露していた貴方達の姿は私は決して忘れません。暗かった子供達の表情を笑顔にさせてくれた貴方達を」

「貴方はまだ迷っている。それを今決断すべきだと思います」シスターがそう言うとマーフィーはブラック就活性を見つめる。

「マーフィー、コントの続きだ」ブラック就活性がマーフィーの表情を見て悟ったように立ち上がる。マーフィーは「あぁ・・・これが最後だ・・・」

舞台の上に立つマーフィー、何故か体が覚えているこの感覚。

子供達の目がスラムガイに集まる。

マーフィーはコントの途中から始めた。「なんだよ!お前、もういいから帰れよ」ブラック就活生が出て行く「次の方どうぞ」すると次に出てきたのはさっきのブラック就活性がヅラを被って入ってくる「失礼します、ネピ子です」「・・・おい、ガスマスク。さっき帰れって言ったよな」「えっ何の事ですか?ネピ子よく分かりません」「警察呼ぶぞ、あれ電話線が切れてる。お前か?」「さぁ・・・」態とらしく表情を背けるネピ子「もういい、どけ!ちょっと、どけ!」ネピ子が入口を塞ぐように前に立ちマーフィーを胸で思いっきり吹き飛ばす「・・・痛い、なんなの?」ネピ子が男の声で「良いから面接始めろや!」「はい」マーフィーがさっと座る「ネピ子さん、志望動機は?」「はい、志望動機は動物占いです」「ははっ・・・随分懐かしいね」「うん、面接官さんは動物占いはなんでしたか?」「確か小鹿だったけな」「だっせぇ」「うん?いま、だっせぇって聞こえたけど」「私ね、黒ひょうなんです」「そうなんだ、あれ?ネピ子さん面接中に何食べてるの」「小鹿のジャーキー」豪快に噛みちぎるネピ子「はい、もう面接終わりです。帰ってください」「ネピ子まだ面接全然してないんだけど」「他の人もいるから早く出って!」ネピ子が出て行く「次の方どうぞ」「ネピ男です」丸刈りのヅラを被ったガスマスクが入ってくる。マーフィーがドアの外を見て他の面接者がいないことに気づき「もう君採用で」ガッツポーズとるガスマスク「18時ジャスト!あの、すいません」「もう何?」「イメージと違ったんで辞めさせてください」「なんだ、お前!」こうしてスラムガイのコントが終わる。子供達の笑顔と笑い声が教会に広がる。

 

〜本来ここでのブギーマン攻略〜

近接攻撃だとまず勝てません。大人しくコルト(ハンドガン)を連発して倒しましょう。威力が高いのでいつの間にか瀕死になるので体力を気にして戦いましょう。

 

コントを終えたマーフィーは何故か放心状態のようだった。

孤児院の子供を自身の幼少時代に照らし合わせる「将来の夢は人を笑顔にする人になりたい!」

「マーフィー・・・ありがとう。やっぱりお前とコンビ組んで良かったよ。もう思い残すことが無いよ」ネイピアがマーフィーに何かを渡す。

「就職祈願のお守り・・・ネイピア・・・」

マーフィーの体中に縛っていた重りのようなモノが外されたようにフラフラと教会を出て行く。

抜け殻のようになったマーフィーは一人自宅へと向かい街に消えていく・・・。

 

サイレントヒルダウンプア本来の主要キャラ〜

修道女

教会にいたシスター。何故かマーフィーと会話が噛み合わない。教団の一員であると推測できるが、本名を含めて詳細は不明である。

 

wiki引用)