読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

naukoのゲームソウル【魂】ブログ

naukoのゲーム日記ブログです!(攻略ブログではありません) 積極的に更新をしていこうと思います!よろしくお願いします!!

【オーディンスフィアLD】グウェンドリンの章⑤「偽りと誠の狭間を飛ぶ青い鳥」

どうも〜!アリスnaukoです。

父、オーダインの呪いを受けて眠り続けていたグウェンドリン。

目覚めたら戦士としてではなく妻として一生を過ごさなければならない。

 

戦場を駆けるワルキューレとして最悪な結末です。

そしてグウェンドリンは目覚めるのであった・・・。

いつでもどこでもミリスがいてくれてホッとするグウェンドリン。

レストランと喫茶店の広告を手に入れるグウェンドリン。

グウェンドリンは意外と食いしん坊です。城を抜け出して食べに行きましょう。

この画像を見て思わず超懐かしいと叫んでしまったw

素材では無くコインの種類と枚数で料理を作ってくれます。

モリモリ食べるグウェンドリンは料理を満喫し城へ戻ります。

そう、グウェンドリンを妻にした相手は漆黒の騎士『オズワルド』です。

散々仲間を殺し、姉までも殺された戦場の宿敵が旦那になってしまったのです。

オズワルドはこれから旅に出るようで、その前にグウェンドリンに挨拶に来たようです。

魔光炉を動かす為の『ティトレルの指輪』を渡すオズワルド。

グウェンドリンはこんなにも簡単に手に入るなんてと驚きます。

オズワルドはグウェンドリンに偽りでは無い愛の言葉を伝えます。

他人から、父から愛された事のないグウェンドリンは同様します。

貰い受けた指輪を眺めながらグウェンドリンの心が揺らぐ・・・

きっと父の呪いの仕業だと本心に嘘をつくグウェンドリンは思い直す。

「アイツは敵だ!」と言い聞かせます。

グウェンドリンの影は素直になれと言い放つ。

しかし、呪いをかけられる前の父の言葉を思い出して決意するのであった。

オズワルドはとても優しく声をグウェンドリンに掛けて旅立った。

グウェンドリンの心は「信じてはいけない!これは呪いのせいだ」と言い聞かせていた。

グウェンドリンは本当に愛されたい父の元へと向かいます。この指輪さえ有ればきっとオーダインは大喜びして向かい入れてくれるはずです。

 

王国へ戻ると様子がおかしい・・・

いきなり門番がグウェンドリンを突き飛ばします。

一体何故?王国に何が起きているの?

簡単に人を殺すような王国ではなかったはず・・・

以前共に戦った仲間達がグウェンドリンに襲い掛かります。

屈強な狂戦士、ドワーフそしてワルキューレまで・・・

王国の敵をなぎ払い、ようやく王の間に辿り着くグウェンドリン。

父の様子がおかしい・・・。

すると父から謎の幻影が出てきます。

ブリガンがオーダインに乗り移っていたようです。

まったく、しつこい奴です。

オーダインにとり憑いてるブリガンを倒しましょう。こういうのは多少荒っぽくても平気です。オーダインより弱々しいエスパー少女で実証済みです。

父を救い出したグウェンドリン。

あの時の見せた父の優しさも、戻ってきて喜んでいた姿も、グウェンドリンが父の為に戦ったことも全て指輪の為の父の策略だったのです。グウェンドリンの中で何が偽りで真実が理解してきたようです。

真実の愛をくれる人を見つけたグウェンドリンにとって愛の無い父の言葉は全く響きません。

グウェンドリンは本当に戻るべき場所を見つけた。そこには真実の愛がある。

グウェンドリンの決意に対して全く止めもしない父の姿を振り返らず、オズワルドの元へ帰るのであった。