読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

naukoのゲームソウル【魂】ブログ

naukoのゲーム日記ブログです!(攻略ブログではありません) 積極的に更新をしていこうと思います!よろしくお願いします!!

【オーディンスフィアLD】コルネリウスの章④「望みをかけて・・・」

どうも〜!アリスnaukoです。

前回はベルベットの兄に出会い、プーカの呪いを掛けたのは自分だと宣言されたコルネリウス。しかし、愛する人の兄として下手に手は出せない。コルネリウスタイタニアの城下町に戻り、一人で途方に暮れていました・・・。

誰もコルネリウスがこの王国の王子だとは誰も思わない。

帰る場所も人も家族も愛する人も失ったコルネリウスは途方に暮れるしかありません。

グウェンドリンの姉が戦死した話をここで聞けます。

コルネリウスはこの時、戦死したのは姉では無く一番親切にしてくれたグウェンドリンだと思っているようです。

そしてコルネリウスは生きていく事に自信が無くなってしまっているようです。

 

一人で街を歩いていると、どこからか自分を「王子」と呼ぶ声が聞こえる・・・

只の幻聴だと思うコルネリウスの前に宮廷魔術師が現れる。

魔法という便利な力・・・しかし、その便利な力を利用した呪いという悪の力でこうなってしまったコルネリウスは怒りの矛先を魔法使い全員に向ける。

しかし、宮廷魔術師の『ウルズール』は心配をしてくれているようです。

もちろん今までウルズールに冷たい態度をしてきた為、怪しく思うコルネリウス

どうやらウルズールは呪いを解く方法を考えてくれていたようです。

話を聞くだけ聞いてみます。

とても危険な雪山に全知のドラゴン『ハインデル』がいる。そのハインデルはプーカの呪いについて何か知っているのかもしれません。

こうしてコルネリウスは僅かな可能性をかけて雪山に向かいます。

ウルズールはコルネリウスが雪山に真っ直ぐ向かっているかの如く見つめている・・・

グウェンドリンが来た時よりも複雑になっていますので迷わずにアイテム回収をしながら攻略していきましょう!

敵はワラワラ出てくる上に素早くて硬い敵が出てきます。

気をつけて戦闘評価をSランクを目指しましょう。今更ですが、このゲームの特徴としてステージ移動をして戦闘が始まり全ての敵を倒すと評価がでます。そのランクによって良いアイテムが貰えたりします。如何に時間を掛けずにダメージを貰わずに倒していくのが重要になります。

そう言えば新しく覚えたスキル試してみよう・・・

・・・。

超使いづら・・・。手に入るスキルは好みでレベルアップができます。レベルを上げていくと威力や持続力等が変わり更にステータスも上昇がするのでレベルを上げていきましょう。

先に進むとマンドラゴラの『ハバニール』が八ツ墓村並みに頭を突っ込んでいます。

コイツはこのダンジョンを進むために必要なマンドラゴラです。貴重に使いましょう。

ハバニールとマテリアルを合成した魔法アイテムを投げると壁が壊れる箇所が2箇所有ります。

中ボス『バックベア』です。

気絶攻撃をしてきますがコルネリウスの『プラズマサークル』を使用しながらダメージを与えて行けば怖くは無いです。

油断しているとこのように凍らされてマップから落とされて回り道などさせられます。気を付けましょう。

寒い場所は暖かい料理を食べましょう!

グウェンドリンの時はシュールな画でしたがコルネリウスはしっくりきちゃうんですよねw

なんだ、この二人の場所を選ばない安定感はw

中ボスが多いですが、対して苦戦はしません。

てか『プラズマサークル』が強すぎる・・・レベルMAXにしてしまった・・・w

ラグナレイブルの兵士たちが定期的に偵察している・・・

一体何の為に偵察をしているのでしょうか?

ベルベットの国の崩壊と魔光炉・・・。

一体どんな関係が有るのだろう。そしてグウェンドリンの時にベルベットは魔光炉の前で気になることを言っていました。謎が深まります。

大きな耳を整えてハインデルに会いに行きましょう。

ハインデルは人間に利用され殺された!?

コルネリウスはまた振り出しに戻されます。

話を全く聞かないドラゴン。

どうやらサイファーを持つ者に対してかなりの恨みを持っているようです。

コルネリウスは自分は無関係だと言い放つがドラゴンは戦闘態勢に入ろうとする。

グウェンドリンの章で魔光炉の指輪を飲み込んだドラゴンのワーグナーです。

最早話す余地は無い。倒して黙らせるしか方法は無さそうです。

剣を構えるコルネリウス・・・。

 

ボス戦のワーグナーです。

『プラズマサークル』で一方的に攻撃ができます。しかしPPが無くなると使用が出来なくなるので魔法アイテム『ワールウィンドウ』等を使用し一気に倒しましょう。

なんとかワーグナーを倒し黙らせます。

そしてコルネリウスは戦う意思は無くワーグナーに止めを刺さなかった・・・。

そのコルネリスの態度を見てワーグナーコルネリウスを背に乗せて何処かへと連れてくれているようです。

ワーグナーは同族の竜たちを利用する人間たちに強い恨みが有る様ですね・・・。

ベルベットの王国が崩壊した理由を再度確認ができました。

イングヴェイが言ってることは本当のようです。

ベルベットの王国の民は皆プーカに!?オーダインの仕業か、魔光炉の影響なのだろうか?

荒野に降り立つワーグナーコルネリウス

善悪は人に寄るって言葉が有るけど・・・所詮は他種族に対する人間の言い訳にしか過ぎないのかな・・・。次にまた会う時は容赦はしないと言い放ち帰っていきます。

 

一人、荒野を彷徨うコルネリウス・・・

一人のプーカが・・・

コルネリウスはプーカを必死に呼び止めます。

呪いの解き方が分かるなら協力するしかありません。

プーカ達は世界中で商売や家政婦等をしてお金を稼いでいる姿をよく見られるわけです。全てのコインを集めればどんな願い事でも叶うという魔法をが有る様です。

信憑性が有る情報だと良いんだけど・・・

こうしてメリルの後を着いてコルネリウスはプーカの町へと向かいます。

多分グウェンドリンの章ではベルベットに会う前の時間軸だと思います。

裏ではこんな物語が繰り広げられていたみたいです。

ここでの入手フォゾンプリズムです。

『プラズマサークル』を越えるスキルが出てくるのでしょうか?w