読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

naukoのゲームソウル【魂】ブログ

naukoのゲーム日記ブログです!(攻略ブログではありません) 積極的に更新をしていこうと思います!よろしくお願いします!!

【サイレントヒル3】サイレントヒル3青春白書inスケバン刑事⑪

どうも〜!ヘザーnaukoです。
突然動き出したジェットコースターを避けたヘザーは気を失う。
そして神はクローディアと対峙していた。神はクローディアに銃口を向けるが・・・
 
気がついたヘザーはお化け屋敷のアトラクションに向かう。

またピエロ達やクローディアが仕掛けた罠の可能性が有ります。

ヘザーは慎重に進んでいきます。

サイレントヒル本編の話になりますが、孤児院出身者のキャラって目的を達成したら大抵自殺していますよね・・・。この一家惨殺の話に繋がりは有るかは分かりませんがダウンプアプレイ後で見るとなんか裏を間潜ってしまいます。

naukoがあまり実況向きでは無いなと思うのがビックリした瞬間。表情やリアクションはとるんですが無言になってしまうんですよね。機会が有ればいずれ実況をやってみようと思っています。素直にリアクションを声に出せる方が羨ましい・・・。

ニューオーリンズはヘザーが幼い時に過ごしていたようですがこのダニーさんは関わりあるんですかね?このお化け屋敷の設定が若干関わりが有りそうで調べてみたんですが、見当たりませんでした。

命の危険を脅かすような罠は特になく安心するヘザーでしたが・・・

安心していたところにサイレントヒル名物の衝動。『少女を監禁したくなる衝動』が襲ってきます。朝顔の種を飲まされるのでさっさと逃げましょう。ダウンプアと違いカメラワークやどうしても壁につっかえるヘザーの移動が不安を煽りますが落ち着いて進めば簡単にクリアができます。

外は非常に暗く、毒物の霧が立ちこ込めています。

襲い掛かるピエロ達を倒して突き進みます。

この『チェーン』は見落としやす位置に有るので気を付けましょう。

アトラクションを駆使しながらピエロ達の妨害を躱していきます。

病院時の怪我か、毒物の影響か立ちくらみ抑えながら進んでいきます。

 

そして・・・

神が怪我を負っていました。

ヘザーは神の安否が確認が出来て安心をします。

しかし神の顔は険しいままだった。

神はヘザーに海槌の話を始める。

警察は始めからヘザーが海槌の血が繋がっていた事を知っていた。

サイレントヒルに存在するカルト教団が海槌の血を引いた赤ん坊を使って悪のカリスマを生み出す儀式を始めようとしていた。だが、スケバン刑事に憧れているコスプレイヤーのハリーがヘザーを救い出したという内容を聞かされる。ヘザーはその話は父の手記で何となく分かっていた。

その後ハリーは教団から狙われ続けていた。

しかし、コスプレしていた時に履いていたパンツのサイズが合わなかったが強引に履いて食い込みまくりあまりの激痛により気絶してそのまま意識不明になってしまった。そして神は困り果てたヘザーをスケバン刑事にスカウトしたという事を告げた。ヘザーはショックを隠しきれずに神に聞き直す。

「えっ・・・?父さんは教団と戦ってとかじゃなくて自分のせいで意識不明に?」

神は頷く。ヘザーは情けない父の話を流すようにクローディアの話をする。

クローディアはヘザーの中にある海槌の血を引き出すために人を悪に染める毒物に近づかせてきた。今までの事件全てクローディアの計画通りに進められていた。全てはヘザーの海槌の血を引き出す為だった。

いきなり本編の話に戻します。クローディアに言っていた「人を殺した事がある」というセリフ。

ダグラスは探偵の前に警察で働いていた。もしかして自分の息子を・・・(T-T)

ヘザーは「私は大丈夫、私毒物なんかに負けない。それよりもお父さんの事がショック過ぎて・・・」神は「あ・・・うん、私達もあの人には色々手を焼いたんだよ・・・」と思い出を振り返る。

ヘザー「変態だしね・・・」神「変態だったな・・・」

 

ヘザーはクローディアの所へと向かおうとする。

そっとヘザーに銃口を向ける。

クローディアの計画通りに進むとヘザーは海槌の血により世界が悪に染まってしまう。

しかし、ヘザーは神に振り返り。

ヘザーの気遣いを見た神は拳銃を下ろす。

神はヘザーをスケバン刑事として戻ってくると信じて待つ事にした。

神はヘザーが幼い時から見張っていたようです。

奥に進むとピエロ達が痙攣しながら倒れていた。

毒物の副作用であろうか・・・。霧も濃くなっていきました。

そして何故かここに父の残していたメモを拾います。

海槌アレッサが父に拾われる前の名前のようです。

そしてヘザー宛に追伸がある事に気付く『ヘザー・・・すまんがお前の下着を借りた。ちゃんと洗って返すから許してくれ』その日付を見たら父が意識を失った日であった。「最悪・・・」と呟くヘザーであった。

メリーゴーランドに入るヘザー。

どうやらここから毒物を撒いているようです。

毒物の発生源を壊していきます。しかしあまりに毒物が濃い為か目眩や頭痛が激しくなる。

意識を保ちながらも気配を感じて構えるヘザー。

目に入ったのは何処かで見た恰好・・・

ヘザーは「海槌アレッサ・・・?」と呟く。

アレッサはナイフの刃をチラつかせて襲ってきます。

アレッサ戦は防御を駆使しながら戦えば余裕です。

ダウンプアで慣れた戦い方なので簡単でした。2戦目のハンドガンは接近すれば発砲してこないので接近し続けること。

4戦目ラストのサブマシンガンはショットガンに持ち替えて戦った方が無難です。

アレッサを倒したヘザー・・・。

これもクローディアの罠なのだろうか・・・それとも・・・。

負傷しながらも奥へ進むヘザー。

相変わらずクローディアや海槌の復活を望む教団が考えている事はよく分かりません。

しかし、扉を開けてヘザーはある人物を確認し迷いなく言い放ちます。

「お前・・・許さねぇ!!」

漸くクローディアの元に辿り着いたヘザー・・・。いよいよ呪われた海槌の血とスケバン刑事としての誇りを賭けた戦いが始まる。