読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

naukoのゲームソウル【魂】ブログ

naukoのゲーム日記ブログです!(攻略ブログではありません) 積極的に更新をしていこうと思います!よろしくお願いします!!

【ブレフロ】闘舞の間『真神の闘舞』naukoの攻略体験記

どうも〜!召喚師naukoです。

沢山のゲーム画像を削除してたら見事に『真神の闘舞』クリア画像削除してしまいパーティメンバーがうる覚えです。申し訳ありません・・・。

再度作り直した為、ソニアのスフィアが1個付けられていませんがちゃんと当時付けているので後程細かく紹介します。

 

重要な担当枠は色づけしておきます。入れ替え時になるべく担当枠漏れが無いように配置してください。

 

【リーダー:ジャニス 担当枠:状態異常無効、リレイズ

1戦目の闇アフラ・ディリス(以下アフラ)の高火力事故を防ぐ為にリーダスキルの闇・光低減&リレイズ付与で1戦目は事故率をかなり下げられます。特性強化は「リーダースキルのリレイズ発動率アップ」「リーダースキル光・闇ダメージ低減強化」がお勧め。スフィアは「レト」と「光恵符」を装備。

 

【フレンド:アーク3体 担当枠:属性付与、バリア、回復】

特性強化は「全属性付与」「弱点ダメ無効」が定番です。スフィアは火力よりも生存確率を上げるスフィアを装備しているとさらに有効です。

 

【アレサ 担当枠:バフ、状態異常無効

特に2戦目は防御バフが一つでも欠けると瞬殺されます。その点を踏まえてアレサは有効に使えます。特性強化は『防御バフ強化』が付いてると更に安心です。スフィアは『ベイオルグ』と『仙晶球』です。

 

【ラウダ 担当枠:火力、時短、BB回し

この試練でのラウダはザークキラーとしてかなりの有効。ザークがいる時にジャニスのUBBを放ってラウダのSBBを当てると瞬殺できます。スフィアは「聖鳳神の花冠」と「クロリペスター」です。

 

【ヨハン 担当枠:半減、被ダメBB、ODゲージ管理

更に彼の強味はODゲージの増加量アップもあるのでモーリアやジャニスのUBBが放ちやすくなります。最初の1ターンでBBの回りも良くしてくれるのでスタートの半減枠として最適です。特性強化は「半減2ターン」「ODゲージかなりアップ」を付けると大活躍。俺はデバフを解放していませんがそれも活躍が出来そうな気がします。スフィアは「ベイオルグ」と「セド」です。

 

【モーリア 担当枠:HPリジェネ、弱点ダメ無効、クリティカル無効、UBBリレイズ

ジャニスのリレイズUBBはザーク用ですが、モーリアは安定の毎ターン全回復や火力無効等が付きます。更にこの試練はHPリジェネが必須です。特性強化は『リジェネ効果強化』『炎・水ダメ低減』が有れば更に安心。スフィアは『ベイオルグ』と『ユエリカ』を装備。

 

【エレノア 担当枠:ダメ半減、属性低減、BC・HC出現率アップ】

半減と属性低減が同時に付く安定感はやはり使い勝手が良い。防御バフが完璧なユニットが一人でもいれば最強。特にカノンとの相性が抜群です。カノンも彼女を見て「揺れている、だから攻撃が低減される・・・。そういうことだ」と呟いていそうですね。特性強化「SBBに光・闇被ダメ低減」「半減2ターン」がお勧め。スフィアは『二ヴレイシア』『スピルエクス』でしたが『スピルエクス』よりも低減、被ダメ回復系の方が良いような気がします(セリア試練から変えていない)。

 

【エリモ 担当枠:ダメ半減、HPリジェネ、防御バフ、弱点ダメ無効、クリティカル無効、バリア、回復、被ダメHP回復】

きっと一緒にレア召喚から登場したアイムの話をしても「そんなのいましたね、必要の無い存在なので私の前では話さないでください」と逆に怒られそうです。アフラの猛攻でも安定する姿は心強い。特性強化は「HPリジェネ」、「クリティカル無効」「弱点ダメ無効」にしました。スフィアは『ベイオルグ』と『レド=クローガ』です。

 

【メロード 担当枠:バフ、被ダメBB、デバフ、クリティカル強化】

メロードは本当にエース級の活躍をしてくれました。特性強化は「デバフ」「バフ」を解放がお勧め。スフィアは『ベイオルグ』と『マハ・ナーガ』です。

 

【カノン 担当枠:被ダメBB、防御バフ、弱点ダメ属性無効、クリティカル無効、バリア、状態異常無効

セリア試練同様に対高火力ユニット。2戦目でかなりの活躍をしてくれます。特性強化は「弱点ダメ無効」と「バリア」を解放。スフィアは『魔聖鎧』と『シュトゥルモア』にしました。

 

【リヒト 担当枠:火力、BB回し

入れ替えて速攻殺されたので彼の活躍は不明・・・。けれどきっと役に立ったはずです!多分・・・。特性強化は「BBゲージ増加強化」と「スパダメアップ」解放をしていました。スフィアは「ベイオルグ」と「マハル=グラテカ」です。

 

【ソニア 担当枠:火力、防御転換バフ、デバフ

担当枠やラウダの代わりの高火力に期待したんだけどあんまり活躍が出来ませんでした。

特性強化は「スパダメアップ」と「SBBに防御転換バフ」にしました。単体とランダムの威力の差がありすぎるのかそこまで高火力では無い印象・・・。スフィアは「ベイオルグ」と「仙晶球」です。

 

【テイザー 担当枠:火力、時短】

担当枠が重要な枠ではありませんが最後の最後の追い込みで大活躍をしました。彼はラウダに代わる火力を発揮できます。特にアフラが炎属性になった瞬間の水属性達の火力はかなりの時短に貢献してくれました。特性強化は『弱点ダメアップ』がお勧めです。スフィアは『ベイオルグ』と『ネグロマス』

以上を踏まえるとソニアをザルツやオーエン等に変えても良いかも・・・?デバフがいなくなってしまうけど。

 

■1戦目

常に追撃が入りますがモーリアやエリモのリジェネで安定します。アフラのHPきっかけで放つ「ヴォイド・カーサリティ」はモーリアやジャニスのUBBリレイズ等で防ぎます。ジャニスのリーダスキルのおかげで連続できても怖くないので安定してブッパしてODゲージが溜まったらジャニスかモーリアのUBBを放つこと。ザークが出てきた場合はジャニスUBBがお勧め。

 

アフラのHPが半分になったら『不穏な空気を感じる』と出たら3体だけBB・SBBを使用していく事を気を付けましょう。4体以上で放つと崩壊します。HP20%あたりでエンドレスがきますので注意し削り、自信の無いユニットは防御しておきましょう。エンドレスを過ぎたら一気に削れると思うので二戦目に突入です。

 

■2戦目

ここでアフラは「ヴォイド・ライファクヴィティ」を何回か使用してきますがジャニスのリーダースキルとモーリアのUBBで耐えきれます。入れ替えたユニットもジャニスのスキル恩恵が1度だけ有るのでそれを上手く使っていくと効率が良いのですが、下手に変えると「溢楔」「羅刃縛醜閲」が防げなくなるのでタイミングを見て変えること。「溢楔」「羅刃縛醜閲」を食らったユニットは次のターン即死するので入れ替えることを徹底しましょう。これが意外にそのゲームらしく(ルールを利用した感じ)感じて面白いw

 

『恐ろしく不穏な・・・』のセリフが発動したら全員ガードか半減ユニット1体だけ発動で全体強ダメージ回避可能。アフラのHP20%前後でアークか、パーティによりますがテイザーUBBを発動して一気に仕留めます。(瀕死のアフラは超強力な全体攻撃が発動します。ジャニススキル恩恵が切れていたりすると崩壊します。注意してください)

 

この試練は面白かったです!w